result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

5/30/2018

シトロエンDS3

Connection Mode: INFINEON TRICORE BOSCH MEDC17 GPT PSA
Micro: TC1791/TC1793
ExtFlash:
Eeprom: Present
Plugin Identified: YES
Plugin: Bosch MEVD17.4.4 PSA
Customer Name:
Vehicle:  
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.:
Software Nr.: 10SW010807

この車両は現行バージョンで過去ブログの車輛とはDMEの型式が異なります。故にデータも大きく異なり機械的構造に大きく変化はないが制御データがまったく異なっています。既存DMEはボッシュ特有のパターンでしたがこのタイプのデータは深い理解がないと結果が出せない曲者です。

近々施工したプジョーの時もそうですがブーストマップのラインはどうなんでしょう?トルク補助のために低回転化でブーストを上げるのですが実用域ではブースを抑え気味にし4500rpmからまた少し上げて高回転でまた垂らす。ん~~~~~




以下インプレッションを頂きました。ユーザーには感謝感謝です。原文通り掲載します。

先日、SAB久喜にて施工して頂いたDS3 パフォーマンスの〇〇です。

お礼を兼ねて、施工後の変化を簡単に書かせて頂きます。
施工内容や専門的なことはわからない素人の為、あくまで感覚で違っていることを書かせて頂きます。


0スタート時、1速→2速のクラッチ操作に気を使わなくてもギクシャクしなくなり不快な振動が起きにくくなった。
施工前の感覚で2速→3速にシフトを入れると、クラッチを繋いだ時点で4速へシフトアップのインジケータが出るようになった。
全体的な加速感が気持ちよくなった。
低回転数からだらだら運転していても前より楽に速度がついてきてくれる。
ノッキングが起きにくくなった。
2,500回転から4,000回転くらいの排気音が大きくなった。(アイドリングは変わらず)
シフトダウンの回転数合わせがうまくなかった時のショックが減った。
1〇〇からさらに加速したいときの加速感にもっさりした部分がなくなった。
定速走行時のマルチファンクションディスプレイ上の燃費が少し良くなった。(給油はしてないので満タン法の確認はまだです)



現地でいろいろお話を聞いた内容から
いくつかはこれがここの変化にあたるのかなという予想は出来ますが、いくつかはなんでよくなったのかがわからない部分もあります。

今の時点で不満はまったくなく、むしろ想像以上の効果です。
運転するのが楽しくて仕方ないです。

施工して頂いた今だから言えますが
体感する前は、全体的なパワーアップは街乗りのしやすさには関係ないのではないかと半信半疑でした。
ネット上や知り合いの評判を聞いて、いいものなんだろうなと思ってはいましたが、サーキットでガンガンタイムを削るのが目的ではないので必要ないかなと思っていました。
この車の前のDS3スポーツシックのときも御社を検討していた時期があるのですが、やめてしまったのが悔やまれます。

現時点ではさらに上があると言われても、ECUチューニングで出来る幅もわからないので、まったく想像がつきません。
こういうことが出来ますか?という質問があったらさせて頂きたいと思います。

こういう感想などは必要ないのかとは思いますが、お礼文を書いて送るだけでは、やって良かったという気持ちや心からありがとうございますという気持ちを伝えきれないと思い書かせて頂きました。


この度は施工して頂きありがとうございました。

貴重な時間を割き、お読み下さいましてありがとうございました。




コメントを投稿