result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

10/16/2018

LEXUSーCT200h

ユニット番号の追加

Connection Mode: NEC NBD
Micro: 76F0085
ExtFlash:
Eeprom:
Plugin Identified: NO
Plugin: Denso 275036-5650 Toyota
Customer Name:
Vehicle:  
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.:
Software Nr.: 89663-76020-5521   
Software Upgrade Nr.: 37602000
Chassis Number:
Spare Part Number: 89661-ス
System Type:
Engine Type: 2ZR-FXE
Is Original: YES

追加品番

Connection Mode: NEC NBD
Micro: 76F0085
ExtFlash:
Eeprom:
Plugin Identified: YES
Plugin: Denso 275036-5650 Toyota
Customer Name:
Vehicle:  
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.:
Software Nr.: 89663-76021-5522   
Software Upgrade Nr.: 37602100
Chassis Number:
Spare Part Number: 89661-ス
System Type:
Engine Type: 2ZR-FXE
Is Original: YES

プリウスよりもスポーティー性が高い半面、重量が100KGほど重くなったのはダメージです。ECUチューニングで軽快で低燃費なスポーティーCT200hに変身します。是非とも体感してください。

ビビオ

マイスターはビビオも所有されていられます。ビビオもインプレッション頂いております。あと、レヴォーグもビビオもきちんと料金をおまけすることなくいただいております。故に、当社によいしょする必要はないのです。インプレッションはひいき目ではなく客観的に頂いたデータです。無償のやらせ内容ではありません。


スバル ヴィヴィオRX-R
平成9年式 アプライドE
リザルトマジックインストール後のインプレッション

インストール後、インプレッションが遅くなりましたが、ここに総評をご報告いたします。

ノーマルブースト圧、排気系(フジツボマフラー)のみ。
点火系はプラグ(レーシング9番)、プラグコード新品に交換済み。

まず、インストール後の排気音が乾いたNA車のような感じに変化!
レスポンスも引っかかりが無いバイクのエンジンにも似たフィーリングです。
ブーストアッププーリーは使わず、完全なノーマルエンジンがここまで速くなるのか!?って感じが帰路についた時の印象でした。
1速、2速はあっという間に吹け上がり、車速もちゃんとトルク感をともなってぐんぐん上がって行きます。
かと言って、5速なまま30km台からの踏み返しにもフレキシブルにトルクが立ち上がって来て、あまりのイージーさに驚きました。
クローズドコースでテストしましたが140kmスケールのメーターはあっという間に役にたたなくなり、GPSスピードメーターによる確認では183kmを確認しました。
どこまでも伸びて行くエンジン、また綺麗に爆発しエネルギー変換している燃焼状態が手に取るように鼓動で伝わって来ました。
壊れるような不安も微塵も感じずに安心して最新軽スポーツ車やライトウェイトスポーツ車を置き去りに出来るパフォーマンスを実感しました。
ブーストアップをしたら再プログラムが必要とのお話を聞きましたが、今のところは現状のパフォーマンスで満足しています。
最近ブーストアップをしたヴィヴィオに乗る機会があり、自分のヴィヴィオと比較出来ましたが、リザルトマジックスペシャルプログラムの方が圧倒的に速かった事をここにご報告いたします。
壊れずにオールマイティーに速い車造り、リザルトマジック恐るべし!ですね。
いつまでもヴィヴィオを大切にしながらブーストアップによる次なるパフォーマンスアップを楽しみにしておきます。
最後に燃費は全開走行ん多用した高速移動で15km台、街中をながす乗り方や通勤で20kmを実現出来てます。
最新技術で旧車も最新モデル以上に変身出来るんですね!
安心は安全に、また安全は安心出来る車からって事。
遅くなりましたが、ここにインプレッションをさせていただきました。
ありがとうございました。

レヴォーグVersionVS+αインプレッション

VersionVS+αをスバルマイスターにインプレッションを頂きました。以下原文で掲載します。

レーシング2,0GT-S リザルトマジックversionVS+α
インストール後のインプレッション

昨日は急遽のversionVS+αインストールのお願いにごたいいただき、ありがとうございました。
インストール後のエンジン始動1発目、versionVSMPISで乾いた図太いマフラーサウンドであったレーシングが乾いた感じのサウンドと、軽々と吹けるレスポンスに!
違うマフラーにしたのか!?と思わんばかりの変化にまずは驚きました。
インストールに向かう道中に現状のフィーリングを体に覚えさせ、帰路はその違いを1つづつ確認しながら走らせて見ました。
発進から街中でのタウンスピード域はトルクの出方がマイルドではあるが、車速の乗りがスムーズかつ速い!
スッと2000回転くらいに上がってスピードが乗る頃には1500回転位で流れに充分乗れてました。
これは街中での燃費向上にも貢献する部分ですね。後は不思議とエンジン音がさらに静かになってました。
郊外の国道巡航と再加速は街中のフィーリング同様に車速の乗りがスムーズで、5080kmの領域でもトルクに乗って走っている印象があります。
ほんの少しアクセルに足を置くだけで無駄なアクセルワークを必要としない感覚なんです。
追い越しや再加速はもう感動的!でした。加速が途切れないフィーリングってののはまさにこのversionVS+αの最大の売りです。S,S♯は必要としない位、Iモードで全てが事足りると本当に思いました!
最大トルクのまま、いつでも最大トルクが発生するって感じと言って良い最高の加速感なんです。
今までのversionVS+MPIS750ccならversionVS+α(MPIS)のミックスは1000ccのバイクみたいな感じと表現したらいいのではないかと体感しましたね。
高速移動になり、90kmから一気に150km台に加速するシーンではさらに変化は大きく、まさにあっという間に追い越しも完了してしまいました。
最大パワーは変わりないと思いますが、トルクが落ち込まないフィーリングは真のレヴォーグの姿であると断言出来ます。
トルクに乗る、トルクで走らせるって感覚は楽になり、運転する楽しみや疲労の軽減にも効果大ですね。
燃費は行き帰り共に変化なく、トータル約300kmを走り16kmを維持してました。
エコであり、走る楽しみがあり、数々のスポーツ車をも凌駕するこのversionVS+α!!
ぜひ多くのスバリストにオススメしたい逸品です。
ちなみにS,S♯は思わず笑ってしまいました。
それ位にハイパフォーマンスな走りなんです。これで本来のエンジン性能を出せた感じなんでしょうね。
巷に溢れるグレーなプログラムをお乗りな皆さん、本物のプログラムはこれなんですよ!

今日はありがとうございました。



10/15/2018

今週のイベント

今週末の10/20・21はスーパーオートバックス浜松です。すでにご予約頂いておられるユーザーには感謝感謝です。
スバル レガシィBRG/フォレスタSJG/S-4/レヴォーグ2.0L・1.6L VersionVS・VersionVS+α 
スバル・トヨタ FT86・BRZ VersionVS
トヨタ・LEXUSも好評です。
Newデータが体感できます。この機会にどしどしご参加下さい。


10/12/2018

AP1

Version1+MPIS=ジムカーナ・ショートコースサーキット最強仕様。今回装着させていただいたユーザーも相当の遠方からご来店いただきました。
当初はNAのECUチューニングに対し疑念がありイモビ付きのため体感ができないこともあり二の足を踏んでおられました。Version2も生産完了もお伝えし当社の評価を信用しVersion1を装着。オリジナルで不満だったのはトルクの細さとレスポンスの悪さでそこが大きく改善されるのならということでまずはユニットだけで行かれ感想は「買わない理由が見当たらない」レスポンス、トルクの立ち上がりがまったく違う。回転時のエンジン音質がまったく変わった。レーシーな音質に変化している。次はMPISを装着し試乗に行かれる。感想は「よりトルクが太くなり6気筒エンジンのように滑らかさを感じる。」とのこと。新型のS2000がいよいよですが電子デバイスの塊で乗らされている車になると思います。AP1・AP2は最後の人間がコントロールできる楽しい車であることは間違いありません。大切に乗り続けてください。






10/11/2018

レヴォーグ・S-4専用Version+α

BRGレガシィのユーザーからの要望でVersionvs+α(アルファ)データを要望され作成し大きな評価をいただきました。今回はレヴォーグ・S-4ユーザーからの要望でVersion+αデータを作成しました。BRGとはデータが全く異なりデータ作りは相当厄介でしたが低中速のトルクがより太くなりDITエンジンの特性であるトルクが今まで以上に求められました。施工ユーザー曰く確かに今までのデータで不満はないがこのデータはより上のレベルにあり「インストールは有り」とのことです。BRZ・FT86のVersion+α同様、点火や燃料には全く変更を加えていません。このデータもレヴォーグ・S-4の楽しさをリスクなくより引き出してくれます。最強FA20DIT作りはまだまだ続きます。

LEXUS-ISF

遠方からの来店でした。ネットのうわさでのご来店でしたが「ほんまかいな」感が強く自車で体感できるといこでいいところはちゃんと評価し、悪いところもちゃんと指摘しようと思われて試乗に行かれました。試乗後はネットの評価通りで「素晴らしい!」欠点が見つけ出せないといわれました。一番不満だったスタート時のもたつき、シフト変更後のトルクダウンによるATのもたつきが解消された。それと、なんと言っても絶対的パフォーマンスのアップには驚愕であったとのこと。選択肢はいろいろあったが当社での施工に大満足とのことでした。ネットの世界はやらせもあるし、どこぞやのサイトみたいに金を払えば悪評価をそのサイト管理者が消し込みユーザーにはいいことしか知らされない。サイトから当社も加入を促されるがそういった運営方法を問題定義すると運営会社は「お金をもらえばいいだけです。ろくでもない製品であってもお金をもらえば何でもありです。」加入を断るとリザルトマジックに関する項目は当社ですべて消し込みますので!を平気で言う。なんじゃこのサイトは!ネットの裏側話です。いい評価しか書かれていないサイトは裏でユーザーが不満を言っても表に出ず伝わらない仕組みになっていることを知ってください。感性を研ぎ澄まして体感してから購入を検討してください。「変わったやろ、変わったやろ」を連発するメーカーは論外です。