result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

3/26/2019

REV SPEED掲載内容

2019May5の掲載内容です。次回は5月末頃に(明確ではないですが)鈴鹿サーキットでのインプレッションがあります。次回は86(BRZ)・FK8・プリウス(暫定)等の車輌でインプレッションしてもらいます。

3/25/2019

6/1・2広島カスタムカーショー

6/1・2広島カスタムカーショーに参加いたします。中国・四国地域でRESULTMAGICに興味があり体感したいとお考えのユーザーは是非ともご参加下さい。出来るだけ対応しますが施工台数には限界がありますので事前にご連絡頂蹴ると助かりますしブッキング防止になるかと思います。
より詳しくは日程が近づいてきましたら再度掲載します。


シビックFK8

ブランドデータは、ん~~~~これでいいのか!ブランドメーカーは、ん~~~~こんなデータなのか!
一昨日FD2の頃に当社ユニットを使用されサーキットにも参加されてたユーザーがFK8シビックに乗り換えたとのことで来店されたのですが当社の販売対応が遅れたため某有名メーカーのユニットが発売が早かったから今はそこのデータがインストールされているとのことでその状態から施工を始める。
バックアップのためにデータを読み出しまずは某有名メーカーのデータを検証せず当社のデータをインストールし試乗に行く。
オーナー曰く、FK8の不満がすべてなくなった。ブーストの立ち上がり、絶対的トルク・パワーの異次元さ、シフトアップ後のトルクの立ち上がり、トルクバンドとパワーバンドが全域にある。
某有名メーカーはトルクはノーマルの延長線上で多少ピーク値は上がってる。ブーストも多少変化有り。のり味は全くオリジナルと同じ。コンフォートモードは使用に耐えないまま。書き換え後、試乗に行くともたつきとがさつさが出てぎくしゃくしていた。そのことを担当者に伝えるがそんなことはないですよとしか言わない。一応現車あわせしたデータにしてもらったはずなのにこんなもの??
結果、当社のぽん付けデータでお買い上げ頂く。
試乗後に某有名メーカーのデータを検証するがユーザーが感じた通りの変更しかなされておらずこれが現車あわせといえるデータなのかと不信感しかない。変更箇所はトルクリミッタ、ブースト、点火、スピードリミッタで肝心要のデータは素っ頓狂な変更がなされている。あとパッチのようなデータ変更がされており???である。海外データベースを国内データとしっかり検証しているのか?ブランドで売るのではなく性能で評価の得るデータを売って下さい、とユーザーが言ってました。
FK8もほぼECUチューニングメーカーが揃ってきました。ECUは体感後の購入が可能です。ちゃんとセオリー通り行えばイモビが外れるようなことは絶対にありません。某有名メーカーはFK8シビックのECUチューニングはどのメーカーもイモビが外れるというリスクがあると言ってますが少なくとも当社は例外です。自信を持って体感頂いてから検討頂けます。


3/20/2019

10Mode multi RESULTMAGIC(仮称)

春に向けて新製品を発売します。一部のユーザーには開発のお手伝いをして頂くことになりご承諾頂いた事に感謝感謝です。

製品名
10Mode multi RESULTMAGIC

製品概略
本体に最大10個(初期出荷時のインストール数は検討中)のデータがをインストール可能で車輌へのインストールはOBD経由で行えます。
ユーザーはシチュエーションによりインストールされたデータを使い分けることが出来ます。
データのバージョンアップもすべてインターネット経由で行えますので物理的に当社やイベントにご来店、ご参加になれないユーザーにも広くRESULTMAGICをご使用頂けます。
当然オリジナルデータもインストールしますのでディーラー点検等でオリジナルでの点検指示があった場合にも対応できます。
製品本体は来週中には入荷します。来月の「CARトップevo」への掲載もお願いする予定です。

第1段対象車種
メルセデス W176 A45 マイナー前後
ABARTH 595 COMPETIZIONE

TOYOTA GRX133 マークX 3.5L/FT86/30・40プリウス
SUBARU WRX S4/LEVORG 2.0L/LEGASY BGR/BRZ
SUZUKI ZC33S スイフトスポーツ 1.4LTurbo
HONDA FK2/FK8 シビック 2.0LTurbo

3/19/2019

2018ーR35GTRーNISMO

ブーストデータには違いがありますが主要な制御データはSTDのGTRのデータと大きな相違はないです。
変更内容は各ギアにあるブースト制御の見直し、要求トルクマップの変更で踏み換えし時のトルクの立ち上がりをより早くする。
ローンチコントロールが採用されていますが一般道では変更する必要性がないので修正しません。STD車輌とは差があります。STDはNISMOのデータを採用です。





3/11/2019

トヨタエスティマ

ACR50 2.4L CVT 現行最終型
Connection Mode: NEC NBD
Micro: 76F0038AGD
ExtFlash:
Eeprom: Present
Plugin Identified: YES
Plugin: Denso 275036-2540 Toyota
Customer Name:
Vehicle:  
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.:
Software Nr.: 89663-28680-   
Software Upgrade Nr.: 32868000
Chassis Number:
Spare Part Number: 28G40-9840
System Type:
Engine Type: 2AZ-FE
Is Original: YES

この車両は「REVスピード」編集長の車両です。編集長の個人車両で今までFD3S・ポルシェ・E36M3等施工してきましたがそれなりの評価を頂いています。今回は仕事も兼ねた車で購入されたようですが踏み替えしのもたつきがある、Ecoエンジンとはいえパフォーマンスが低すぎる。ECUでパフォーマンスを落とされているのを感じる。
レギュラーガソリンのままで使用できる仕様でデータ作りを行う。まずはDBWのデータを作り直します。それに合わせ要求トルクのプログラムとの整合性をとります。次に燃料気持ち絞ります。目標空燃比がありますが補正が入らないくらいで変更し燃費向上を狙います。あとはトヨタ特有のパフォーマンスが上がるデータを大幅に変更します。このデータは施工できたECUにはすべて有り、先日鈴鹿サーキットでテストしたプロドライバーの「かなり早い」と言っていただけたマークXでも変更しています。
施工後、別のクライアントのところに行かれたみたいですがそこからの移動時に電話をいただき、かなり良くなった!特に踏み換えしのもたつくが消えた!CVTの動きが変わっている。がさつさが消えた。等、にこにこでインプレッションを頂きました。
取材もあったのでFK8シビックのデータをパラメーターを見ながら考察してました。機会があればFK2・FK8のサーキットテストを行いたいとのことです。

3/07/2019

ニッサンZ34NISMO

2017ModelのフェアレディーZです。Z33の頃も当社のユニットをご使用いただき今回も選択いただきました。変更箇所はスピードリミット、可変バルタイ(可変リフトは未変更)空燃比補正MAP、要求トルク、DBW等