result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

3/30/2018

Vitz RS1.5L M/T

車輌はNCP91ヴィッツ
エンジン 1NZ-FE
排気量 1496cc
最大出力 110Ps
最大トルク 14.4Nm
ECU詳細
Connection Mode: NEC NBD
Micro: 76F0039GD
ExtFlash:
Eeprom: Present
Plugin Identified: NO
Plugin: Denso 275036-1150 Toyota
Hardware Nr.:
Software Nr.: 89663-52840-A   
Software Upgrade Nr.: 35284000

使用者の最大改善点要望がREVです。最大出力回転数が6000rpmですからオリジナルのREV(6000rpm)でも良いのですがハイオク化に伴いシチュエーションによっては7000rpmは有りだと思います。考えれば元々がレギュラー仕様で圧縮が10.5なので点火時期をデータで異常に低くして尚且つ高回転での規制をかけたのだと思います。しかし、それでは差別化された「RS」とは何なんでしょう?せめてRSと言うエンブレムを与えたなら高レスポンスと高回転まで追従するパワーがあっても良いのでは?車輌はハイオク仕様にしてありレギュラーは絶対に使用しないと言うことで点火時期も大きく変更しました。

上がレギュラーガソリン用のMAPで下がハイオク用点火時期MAPです。レギュラーMAPは変更しませんがハイオクMAPは大幅に変更します。




トルク特性MAPです。数面有り大きく変更します。


DBWMAPです。上記とのMAPと整合性を取りながらこれも大きく変更します。


REVは6000rpmですがECU上の値はぴったりではありません。これはデータに係数があるからです。今回は7500rpmに変更しました。



コメントを投稿