result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

1/31/2018

TOYOTAプリウスGR仕様

プリウスGR仕様のユニットです。
確認が取れ施工出来たのは2種類あります。
Software No.: 89663-47770-   
Software Upgrade No.: 34777000
Software No.: 89663-47131-   
Software Upgrade No.: 34713100
GR仕様でないユニットNoは
Software No.: 89663-47270-A   
Software Upgrade No.: 34727000
が確認されています。データ構成が大きく異なりDBW・要求トルク・燃料MAPすべてがGR専用データとして構成されています。差別化の一貫なのかチェックサムプログラムまでも専用仕様になっていました。
GR仕様を含め通常の変更箇所からVVT-iを大きく変更しています。変更のコンセプトは環境性能を維持しながらパフォーマンスも両立すると言った内容です。要求トルクMAPと整合性を見ながらになりますから中々大変な作業です。


ベースタイミングMAPです。やはりレギュラーガソリン仕様ですから妥当な値なのかも知れません。ただ、クルージング時のタイミングは修正する価値はあります。


燃料関連のMAPです。燃料関連は低燃費が売りですからMAPの構成も他のエンジンとは全く異なる考え方で構成されています。今までのような吸入空気量・回転数に対しどれだけインジェクターを開閉するするかと言った単純な考え方ではなく。ラムダからの結果を目標空燃比とリアルタイムで考え吸入空気量だけではなく水温に対しての補正を考慮したMAPになっています。




スロットルコントロールMAPですが16bitで数面あるのですが実は隠れMAP?なのか8bitMAP構成もあります。メインは8bit構成のMAPで他のエンジンにはこのMAPはありません。TOYOTAのデータはユニットNoやエンジン単位で大きく異なるのでパターン読みが出来ません。




コメントを投稿