result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

3/25/2014

先日は遠方からのご来店有り難うございます。

むちゃくちゃ遠いところからご来店頂きました。遠方のためユニット単体を持参頂き書き換えを行いました。車輌ユニットはGDBインプレッサS204のユニットでMPISもご購入頂いたのですが専用ハーネスが間に合わず後日発送になり申し訳なかったです。地元では情報量が少なくかといってweb内容も信用出来ず一応評価の高い当社を選択頂きお話しの中で最終決定頂きました。今後のチューニングに対する方向性などもお話をし有意義な時間を過ごせたと感謝されお帰りになられました。
S204のデータはデータも特別でスピードリミッターもオリジナルから230Kmに設定されています。特にブーストの目標設定値が他のアプライドに比べ鋭くブーストが立ち上がるように設定されています。点火の補正値はF型の比べ高回転はあえて抑えてあるのが特徴です。通常の点火時期はブーストの立ち上がりが早いためにF型よりも押さえ高回転は特別なエンジンである証なのか通常よりも進角されています。燃料MAPについては高回転手前はF型よりも絞られ最大パワーを意識した設定です。設定ブースト変更した場合はF型の燃料MAPをコピペすればいいかなと思います。F型とS204のデータを比較するとプログラムにほぼ違いはありません。エンジンパフォーマンスデータのみの違いですからユニットをS204仕様という作り方も可能です。エンジンやタービンを含む補機類が違いますからユニットのだけのS204仕様です。機械的に純正流用があるならデータの純正流用でS204の良いところ取りです。点火や燃料だけを変更している費用対効果のないユニットなら流用データ作りをされているユニットの方が費用対効果も高くリスクもないです。アプライド別にデータを比較し考察することが大事と言うことです。ECUIDもS204にすることも可能です。





コメントを投稿