result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

1/30/2015

DIT書き換え行っています!

レガシィ、フォレスタ、レボーグ!納車近いインプレッサも予約頂いています。本当に皆さんお待たせいたしました。「当社でないと駄目!」と言われ1年以上お待たせしてしまいました。併せて、AP1・AP2の受注が年末から年明けにまたがり多くのご注文を頂いています。先日もわざわざ厚木からご来店も頂いています。今週末も多くの書き換え予約を頂いています。

先週からのインストール後のDITはアクセルを踏んだ瞬間からトルクで車が反応しREVまで気持ちよく回るエンジンになったとの評価です。1日i-modeで走行していても気にならないかも!今まで通り走っているつもりがいつの間にか終速が上がっていると楽しいDITになったのは間違いないとも評価頂いています。インストールユーザーにお礼を頂いたことに感謝です。

DITのユニットはHitachi製ですがパフォーマンスに関するデータ作りはDensoを継承しています。たいした情報ではないですがスピードリミッターがレガシィとそれ以外の作り方に違いがあることに??です。レガシィは8bitで16進数の最大値を入力すると結果的に解除になります。BMWなどもオリジナルがFE(254)でFF(255)を入力するとリミッター値を見ないという考え方です。レガシィ以外はWord処理でBENZのスピードリミッターのように係数処理方式になっているため移行になります。レボーグ、フォレスタ設定値は300Kmにしていますが従来のスバル通り500Kmでもいいのかも。ちなみに既存のEJ系リミッターはIEEE754で絶対値が入力されておりリミッターは移行になります。


コメントを投稿