result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

3/14/2017

Mini R56One

DMEはBosch MEV17.2.2になるのでOBD空の作業ではなくユニットを外しての作業になります。
オーナーの不満点
1)1.6Lなのに非力
2)アクセルに対し常に車輌の動きが遅れる
3)追い越し時にアクセルに対し車輌反応が送れるためためらうことがある。
4)それほど良くない燃費
輸入車のNAはこれくらいの物なのかと半ばあきらめていたが当社でDMEのチューニングを体感できるとのことでご来店。不満点が明確なので解消のためデータを以下のように変更する。
1)DBWデータの作り直し。MiniのデータはBMWとは異なりDBWのプログラム自体がMBやBMWとはまったく異なる。故に他社ではほぼ変更していない、理解が出来ていないと思います。
2)要求トルクのMAP変更。MAPは20x16のサイズと20x1といったスケールMAPの2種類あります。特に複数面あるスケールMAPは重要でこれの変更で1.6LMiniが2.0Lを超えるようなトルクを発生します。トルクの恩恵は今までも記してきましたが上記不満点の1)~4)まですべてをクリアしてしまいます。
このスケールMAPはMBやBMWにもあり変更後のパフォーマンス度は凄いインパクトを有しています。データ変更の際には今や最重要MAPとして捉えて変更しています。
データを改変後ユーザーとともに試乗に行きましたがスタート時にラフなアクセルワークを行うとフロントタイヤがトラクションを失う動きを見せます。そのまま踏めばREVまで気持ちよくしっかりパワーとトルクを感じながら回ります。踏みかえしのアクセルにも車輌は反応し追い越路のもたつきも解消されました。このトルクの立ち上がりであればCVTも常に高ギアで動作するため燃費も大きく改善されそうです。




コメントを投稿