result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

4/30/2015

嬉しい結果報告

車輌はアクセラBL3FWのユーザーです。あくまでもナンバー付きでサーキット仕様ではありますが超軽量化を施したような「町中を走行できない」ような車輌ではありません

「いつもお世話になります。

先日はタービンを送って頂き有難うございました。

御指示の通り、50kPaで1000km、80kPaで3000kmの内容で徐々に負荷を掛けて慣らしを致しました。
4/12のSUGOサーキット開催のマツダ・ファン・サーキットトライアルでは、1分42秒051でクラス優勝
いたしました\(^o^)
しかも今まで勝てなかったBK3FWの某氏にです!!
僅差の0.04秒差でしたがやっと同じ土俵に上がる事が出来ました。

以下に部品装着後の感想を報告いたします。

「施工は3/21に実施しております。
交換部品は下記の通りです。
 ・エキマニ:貴社製
 ・タービン:  〃
 ・フロントパイプ:COBB(シングルキャタライザー)

排気音は勇ましくなりましたがちゃんと車検音量をクリアしており一安心です。
発進時からトルクが太くなったのがハッキリ判ります。
指示通りに慣らし運転・オイル交換を念入りに行いました。
毎晩首都高 に出掛けてはC2環状線を4~6周(1周/50km)して何とか4/12に間に合わせました()


交換後(慣らし終了後)の変化点を簡単に挙げておきます。

 ・低速から高速域までトルクが上乗せされてとても走り易い。
  タービンで過給されない自然吸気状態でも以前より確実に速度のノリが良くなり、一般道ではブースト
  を掛けずとも充分走るようになりました。

 ・過給時はブーストの上りが早く、それに比例して速度も上がり大満足です。
  現在ブーコンでEVC-6が付いてますが、素の状態が知りたかったので全てのデータを消去して走った
  ところ、アクセルにエンジンが綺麗に同調してとても気 持ちよく、大変楽しい車になりました。
  貴社ECUセッティングの絶妙さに改めて感動致しました。
  ただ、120kPaを超えるとリミットカットの様な制御(燃料不足?)の症状が出るのでアクセル開度75%
  以上と5000rpm以上で35~50kPaのブーストカットを設定しました。
  この状態でアクセル全開でも120kPa以下で走る様になりました。
  この辺りもフルブーストで走る事が出来れば更に速く楽しい車になる事間違いなしです!!
  ちなみにこのセッティング内容でSUGOで勝つことが出来ました♪

 ・低速域~高速域(ブースト加圧時)で本当にトルクフルになり、アクセルワークでもかなりの自由度を持っ
   て車が曲がるようになりました。
  FFでもアクセルワークでこんなに楽しく曲がる事が出来るなんて思っておらず、ある意味自由自在に車
  を走らせられるので本当に楽しいです。
  今まで高速域ではトラクションが不足していたんだなと一人で納得してしまいました()


今後は貴社にお邪魔して現車合わせをして頂ければ、更に素晴らしい車になる事間違いないと確信しています。
ただ、5月以降は仕事の方がかなり忙しい状況になり、暫くは伺う事が出来そうにありません。
秋頃までには現車合わせに伺いたいと考えておりますので、その時はご相談させて下さい。

BL3FWに乗り始めて今が一番楽しい車になっておりま す。
ゆっくり一般道を走っても、サーキットを攻めてもリラックス&安心して楽しめる良い車になりました。
本当に有難うございます。
資金繰りも何とか出来たら車高調もお願いしたいと考えておりますので、その節もよろしくお願いします。

長文にて失礼いたしました。


今後ともよろしくお願いいたします。」

どれだけ良い車輌を作り上げてもドライバーでサーキットは決まります。ユーザーの運転スキルが高いからこそ今回の結果が出たのではないでしょうか。ユーザーには拍手です。
コメントを投稿