result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

10/23/2017

レヴォーグ1.6L

レボーグ1.6Lのセッティングは非常に大変です。一番の問題はやはりレギュラーガソリンのターボであることです。スズキの軽四車もターボがありますがレギュラーのままでも20~25Psのパワーアップは求められます。しかし、レヴォーグの場合はオリジナル状態でもノックが出ていることです。近々施工させて頂いたユーザーは当社でECUを施工するからではなくご自身で判断しハイオク仕様にされておられるユーザーが多いです。何とかレギュラー仕様でデータ作りが出来ない物なのかデータとにらめっこし結論がでました。逆転発想で作り上げればレギュラー仕様でもパワーアップ・トルクアップは十分に狙える。しかし、まずはオリジナル状態で出ている発進時や、空ふかし時のノックを消す事から始めないといけないのはこの時代にどうなんでしょう?と考えながら・・
ハイオク仕様は私もユーザーと同乗試乗しiモードを含めたアクセルに対するレスポンス、低中回転域のトルク感、高回転域のパワー感、CVTの動きを含めすべて○でした。ユーザーもこれで売却せずに済むようになったと言っておられました。と同時に当社に今回も持ってきて(以前も違う車輌で当社のECU使用者でした。)良かったととも言って頂きました。すでにスーパーオートバックス東京ベイ東雲でお待ちのユーザーは楽しみにしていて下さい。
コメントを投稿