result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

2/24/2021

TOYOTA GR YARIS

近日発売できます。GR YARIS専用パワーで31Ps・トルクで47Nmアップ!
・発売時期--3月上旬発売
・価格--調整中
・先行受注受付中





2/19/2021

FA20DITハイフロタービン評価

 

新型タービンインプレッション
先日はレヴォーグVMGへの新型タービン装着ありがとうございました。
よくあるタービン、エキマニの固着
でご面倒をおかけしましたが、エキマニの変形がなかったのが幸いです。
さて、ファーストインプレッションですが、お店を出る瞬間からタービンの力を使うわけはないのですが、なぜか吹け上がりが軽やかな印象でした。
大きなタービンになってるのに普通に吹けスタートトルクも減っていない。
これが第一印象でした。
帰路、100kmほどの間はブーストの立ち上がりが若干重さを感じるシーンがありましたが、200km以降はだんだん軽やかにタービンが回り始めました。
トルクはブースト0.3k位でも日常走行には何ら支障もなく、十分な出力で流れをリード出来るポテンシャルですね!
本日でタービン装着から400kmを走行しましたが、タービンの回る音もより軽やかになってます。
具体的な体感と走りの実感ですが、200km辺りでのブースト0.3kの出力が400km辺りになると0kのままでエンジンだけの出力ではないのですが、正圧にせずとも同じ加速をし始めてます。
タービンの重さが慣らし運転にて軽やかになってる証拠ですよね。
純正タービンは下から加速するのは当たり前ですが、今回のビックタービンは純正よりも下から回ってます。
正圧に移行せずとも加給効果が発揮されてますから、何とも恐れ入ります。
このまま慣らし運転をし、約1,000kmを走らせる事にします。
走らせるのが楽しく、1,000kmもあっという間に慣らし完了となるでしょうね。
FA20Tのトルク志向なエンジン特性と相まって、ハイパワーとビックトルクによるスーパーレヴォーグの未来がもうそこまで見えて来ました!
まさにスーパータービンです。
仮称 リザルトタービンバージョンαとしましょう!
へたに様々なパーツを付けるのではなく、真に意味のあるバージョンアップがやはり大切なんですよね。
ノーマルタービン時からのセッティングされたプログラムで何にも変えずにビックタービンが走らせられる事が本物のコンピューターチューニングの本質です。
慣らし完了次第、第二ステップに移行したいと考えます。
今後とも、宜しくお願いいたします。

貴重なご意見・評価頂き感謝感謝です。

2/16/2021

TOYOTA 86GRMN

 専用データと言うことで作業を始める。IDは「GRMN8611」という頭が「ZA1J○○○○」ではない。データの中身はマイナー後のZA系のデータと大きく変化はない。DBWデータのノーマルモードが大きく違う。VTCも言われているほどの変更はなくメーカーが自慢するほどのデータとは思えない。

BMW F10M5

Connection Mode:INFINEON TRICORE BOSCH MEDC17 E-GPT ALLBRAND
Micro: (16) TC1797
ExtFlash:
Eeprom: Present
Mode: BENCH MODE
Plugin Identified: YES
Plugin:Bosch MEVD17.2.4/MEVD17.2.5/MEVD17.2.8/MEVD17.2.9/MEVD17.2.H/MEVD17.8.4 BMW
Protection ECU Zone: 0000010000000000000000000000000000
Plugin Type:
Customer Name:
Vehicle: BMW M5 SERIES F10/F18 4.4L V8 32V TWINTURBO 412kW/553HP MEVD17
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.: 00001242033101
Software Nr.: 000010CA3B8201
Software Upgrade Nr.: 000010CC3B820F
Chassis Number:
Spare Part Number:
System Type: DME-MEVD17.2.8______
Engine Type:
Is Original: YES
Notes:
Hard. Type: UNKNOWN
以前の車にもRESULTMAGICを使用頂き今回元言うことでご来店。施工前の雑談で大阪のあるBMW専門店に行ってチューニングの話をするとパフォーマンスを上げたいなら諸々のパーツを数百万円分装着したら100Ps上げたると言い方が上から目線で言われこいつないものと思いながら丁重にお断りをして帰ったとのこと。こんな話は輸入車専門のチューニングショップで良く聞く話です・・
DMEが2個搭載されてるので両側を読み出す。パフォーマンスに関わるデータは同じだがプログラム領域で相当量異なる。データは前回施工した同一車種とIDが違いMAP量やデータも大きく異なる。特に鶴久に関連ル項目やブーストに関連する項目に違いがある。DBWやトルク関連は重要変更項目なので慎重にかつ大胆に変更を行う。結果、ユーザーが不満視していた低中速のもたつきは解消され納得とのこと。

ABARTH595MAT

Connection Mode:INFINEON TRICORE BOSCH MEDC17 E-GPT ALLBRAND
Micro: (52) TC1724
ExtFlash:
Eeprom: Present
Mode: BENCH MODE
Plugin Identified: YES
Plugin:Bosch ME17.3.0 Chevrolet/FAL
Protection ECU Zone:
Plugin Type:
Customer Name:
Vehicle:
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.: 0261S11859
Software Nr.: 10SW004734
Software Upgrade Nr.:
Chassis Number:
Spare Part Number: 55274451
System Type:
Engine Type:
Is Original: YES
Notes:
Hard. Type: UNKNOWN
ネット上での評価が本物なのか!MATのいやな動きが改善されるのかが体感したいとご来店頂く。ABARTHはMT車もMATも同一データでMATユニットがエンジンDMEでトルク計算されたデータで制御されている。故にパワーも大事ですがよりトルクタイプに仕上げる必要があります。試乗後の結果は全て◎を頂きました。

HONDA FK8CIVIC

今回の施工ユーザーはRESULTMAGICをインストール頂いているS2000ユーザーからの紹介で電話の都度にRESULTMAGICがいいですよと言われ体感出来るから行ってくればと言うことでご参加頂く。他社候補もあったがあまりにもS2000ユーザーからのプレッシャーが強いとのことでした。感謝です。
今回のイベントで複数台数を施工したのですがみなさんStage2をごきぼうされインストール後の試乗後はにこにこしながらもそのパフォーマンス度に驚愕されておられました。決して早いだけではなく乗りやすさがあり全く別物の大排気量トルクエンジンに変化したとのこと。
Stage1でも全く不満はないがStage2のパフォーマンス度はレベルが違うとのこと。
10ModeRESULTMAGICはStage1・Stage2両データが楽しめます。サーキット別や通常走行時のシチュエーションによってデータを変更しながら楽しめます。来週も10ModeRESULTMAGICの施工があります。FK2・FK8マイナー前・マーナー後制作可能ですのでご検討下さい。

スバルインプレッサVAB

先日あるユーザーのVABをAPITでシャシダイをかけたらほぼECUだけで420Ps出ました。当然このデータに信憑性はないのですが他車(他社)と同条件であればそのポテンシャルは相当であることは間違いないです。ユーザーは出すぎだよねと苦笑い。しかしECUチューニングによる効果は絶大なので味噌くその判断はどのメーカーでも体感ができるはずなので納得してから購入されたほうがいいと思います。今回もご納得の上で購入いただきました。

VAB ECU
FZ-AM450
VH-AF140
AA-AK910
PK-AJ011
YT-AF570
RAR専用データ
S207専用データ

上記があります。RARのデータは参考になりますがそれ以外の通常品番データはアドレスがずれて比較に手間取りますがほぼ参考にはなりません。