result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

4/10/2018

レヴォーグ1.6Lについて

先日レヴォーグ1.6LアプライドDを試乗してびっくりです。アプライドA~Cまではレギュラーガソリンではオリジナルの状態でノックがあり高度なチューニングにはリスクとともに耐えられないと判断していました。故にA~C(今まではDも含め)のオーナーにはよりパフォーマンスを求める場合はハイオクガソリン仕様にしてからのチューニングを推奨していました。ユーザーもオリジナル状態でハイオク仕様にするとノックの不快な音も消え燃費も1Km/lほど向上するとのことです。ハイオク仕様にして頂けた場合のみ今回完成したVersionVSをインストールしてもノックも出ませんしパフォーマンスを含め乗り味も貢献します。
話を元に戻して、アプライドDのレギュラー仕様を試乗してびっくりしたのはオリジナルで全くノックが出なくなっています。これはECUデータの大幅な変更ではなく(A~Cが数回にわたりリプロしてもエンジンリコールしても改善されていない。)エンジンの機械的構成・構造を見直しハイオク仕様にしたかのように消えているのです。オーナーの要望でVersionVSをインストールしましたがこれでもノックが全く出ませんでした。当然オリジナルとは異なる乗り味とパフォーマンスが得られたのでオーナーも購入意思があると納得です。アプライドDはレギュラー仕様からハイオク仕様までノック対策が出来ているのでチューニングの幅が広がります。

ECU ID:LF9B003U---このIDのECU搭載車で確認をとりました。
コメントを投稿