result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

8/18/2014

BP-5データ公開1

VersionEXを製作してから850ccインジェクター仕様を煮詰めていますがインジェクター交換仕様に伴いデータを再度検証してみました。まずはクランキング時の噴射量です。


上記のように水温によりクランキング時の噴射量が決定されています。オリジナルのままでも問題はないですが低水温時は多少絞り込んでおきます。
次にウォームアップ時の噴射量ですが


インジェクターゲインがあっていれば問題なくオリジナルのままで大丈夫です。
インジェクターゲインについては


上記の数値で入力されています。では850ccのインジェクターを使用するので数値を850にすればいいかというとそうでなないです。色々テストしましたがある絶対値があり(企業秘密)係数計算式で入力したデータでは薄くてどうしようもない状態になります。
次にアイドルコントロールです。


オリジナルのままでも問題なしですが大阪などの気候で使用する場合は20~50度の間は絞り込んでガソリンの節約をします。フライホイールを軽量化した場合などはアイドルアップが必要な場合このアドレスで行えます。ただ定義ファイルは3カ所表記ですがMAP上は6面あります。
燃料MAPについては大きく変更します。


上記図はオリジナルのMAP構成ですがビッグインジェクター仕様の場合は大きく変更します。

今回は上記を含めAVCSを変更してみました。アプライドA~CまでとD~Fでは大きく異なります。



D~Fについては環境性能方向に製作されているように思います。データを作り上げ走行テストを行っていますが現製作データがトルク感及びパワー感ともありです。


AVCS変更に伴い要求トルクMAPも大きく変更し整合性を取ります。これで850ccインジェクター仕様は完成です。

来週(8/30・31)みなとみらいのイベントにセッティング済みの車輌を展示しますのでより詳細をお聞きになりたいユーザーはご参加下さい。






コメントを投稿